看護師の求人の神戸の情報満載!

夜中に急に具合が悪くなった、そんな時、人間ならば夜間救急診療を行っている病院へ行きます。
しかし、それがペットだったならばどうでしょう。


家に帰ったらペットがぐったりしていた、夜中に急にペットの具合が悪くなった、そういった時に朝まで心配しながら待つほかないのでしょうか。

そんなことはありません。



実は夜の救急診療を行っている動物病院があります。

有名なのが神奈川県にある夜間救急動物医療センター、通称ニーメックや大阪にあるネオベッツなどです。



これらの施設は緊急性の高い処置にも対応できる設備が整っており、高度二次診療の出来る夜間専門病院としてテレビなどでもよく取り上げられています。


また動物病院の院長同士が持ち回りで夜間診療を行っている地域もあります。この場合、先に挙げた専門病院と違って特別な建物は持たず、自身が運営する動物病院で治療を行うという形を取っていることが多く、地域に密着した診療を心掛けているようです。
地域内の獣医師同士が緊密に連絡を取り合い、それぞれの得意分野を知ったうえで、かかりつけ医を薦めることが出来るのでペットを飼っている人たちにとってありがたい取り組みだといえます。



この形式と似た形ですが、一つの動物病院が夜間診療を専任し、地域の獣医師たちが交代で当直を行うなどのサポート体制を取っている地域もあります。


この場合も地域内の緊密な連携が取れるというメリットがあります。このように志の高い獣医師たちの手によって、ペットの緊急事態に備えた体制が少しずつ整えられているのはペットを飼っている人たちにとってはありがたいものです。